• SATO Takayuki

My Favorites

音楽の好みというのはまったく人それぞれで、これは絶対!と思って友人に勧めても全然ダメなことがある。だからあまり積極的に他人にリコメンドはしないことにしているが、逆に好みがピッタリな人に出会うとそれだけで親近感が増す。

そしてその人の内面が理解できるような気がする。

僕は映画を作ることに学生時代からずっとこだわってきたが、そのまえから音楽(特にロックやジャズ・ファンク)が好きで、中学時代にはプロのドラマーになりたいと思っていたこともある。思えば、若いころ美容師をしていて洒落者だった母親の影響か。

ビートルズから始まり、ハードロック⇒プログレ⇒フュージョン⇒ジャズとありがちな変遷を辿ったが、20代の半ばくらいから広い意味での黒人音楽の奥深さに目覚めた。 そこからバルカン半島の音楽にハマり、またアフリカの他地域の音楽、つまり民族音楽にハマっていった。

そもそも本来「音楽」は五線譜やギターコードで出来ているわけではないことを知った。

「音楽」は趣味にもなり得るが、ある人にとっては「生きることそのもの」であることを知った。

僕にとっては「音楽」は趣味のひとつでしかないし深く追求したわけでもないが、それでも自分の好きな音楽を少しづつでも紹介していこうと思う。

音楽の良いところのひとつは、古い曲を聴くとその頃の状況に一瞬でタイムワープできること。

甘酸っぱい感傷や、苦い思いが懐かしく思い出される。

そんなことも含めて振り返ってみたくなったのは、やはり歳のせいか…。


17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

タクシー日記・大失敗の夜

早いものでもう12年もタクシードライバーをやっているが、先日恥ずかしい大失敗をやらかしてしまった。 クルマのキイを車内に閉じ込めてしまったのだ。しかもトランクに。 3月半ば、金木犀の香りが漂うが深夜の街はまだ寒い。 ちょうど江東区のある街でお客を降ろしたワシは近くに公園を見つけてトイレに行こうとした。 そのトイレは公園の奥まったところにあったのでいったんクルマに戻り、トランクにしまってあるマウンテ

自己を出すこと始めます

若い頃からどちらかというとシャイなほうで、今でもわりと照れ屋である。 同時に目上の人からは、「アピールが下手。もったいない」などとも言われた。 まあ、そのうちに何か自信を持てたらアピールするようになるんだろう…などと他人事のように考えていたが、50代半ばを過ぎても一向に自信など持てない。 従って、アピールも下手なまま。 今で生きてきて人との付き合いもそれなりにあったが、いつも辟易するのはやたらと

【偽装と現実】バーチャルの果て

べつにここ数年世間を賑わせている政治や行政のことを言いたいわけではない。 もっと個人的なことだ。 「写真写りがいい」とか悪いとか言う。一般的に。 つまり、実際よりも良く写る、悪く写るという事だ。 新聞や雑誌など、あるいは一般人にとってもSNSなどに自分の写真を載っける時にはなるべく写りがいいものを選ぶ。お見合い写真などもそうだろう。 では、「良い」「悪い」という基準自体はどういうことだろう。 た